乳酸菌で腸内リフレッシュ|サプリメントで栄養補給

薬

男性でもなる

中年男性

症状は共通するものが多い

更年期障害と言えば女性のものというイメージがあるものですが、実は男性にも更年期障害が起こっているのです。更年期障害は男性も女性も早い人は40歳ごろから、一般的には45歳ごろから起こると言われており、ホルモンの分泌量が変化したことが原因だと言われています。倦怠感やほてり、のぼせ、イライラ、怒りっぽくなる、うつのような状態になるなど、症状に関しても男女共に共通しているものが多くあります。男性の場合にはホルモンバランスの変化の他にも仕事による慢性的な疲労やストレスも更年期障害を発症する可能性があると言われており、更年期障害になる人も増えています。これらの症状を「年のせいかな」と放置せず、病院で診察を行ってもらうのが良いでしょう。

自分で出来る改善法

病院に治療に行くのが一番良いのですが、仕事の都合や病院に行くのが恥ずかしいと言う人に人気なのがサプリを利用することです。更年期障害の治療に使われるサプリは、減少してしまったホルモンと同じような働きをしてくれる成分が含まれていたり、症状自体を緩和する役割があるものが多く利用されています。男女ともに精神的なイライラやうつ状態の改善に効果があると言われているサプリはセントジョーンズワートやトリプトファンが含まれているものです。脳内で幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌を促進してくれるサプリです。また、亜鉛やカルシウム、ビタミンなどのミネラルも摂取することで更年期障害の症状を軽減してくれる効果が期待できます。