乳酸菌で腸内リフレッシュ|サプリメントで栄養補給

薬

血糖値に関わる成分

シニア

食品から見直す

自治体や職場などでの健康診断で血液検査を行うと、検査結果にヘモグロビンa1cという数値が出てきます。ヘモグロビンa1cとは、ブドウ糖とヘモグロビンが結合した成分のことを言います。ヘモグロビンa1cで何が分かるかというと、体内における血糖値との関連に繋がってきます。この数値が6.2パーセントを超えると、基準値異常と認められ、直接医師や保健師などから指導を受けることがあります。数値を超えないためには、野菜を多く摂るなどの食事の見直しが必要ですが、最近ではトクホの認定が付いた青汁やお茶などの飲み物を利用する人が増えています。食事中に一緒にこれらを摂取することで、血糖値の上昇を穏やかにしてくれる作用が働くと言われています。また、サプリメントなどを利用する人も多く、健康に対する人々の意識の高さが伺えます。

手軽さを求める人の増加

ヘモグロビンa1cの数値を下げるには、基本中の基本として、食事と適度な運動は大事とされています。しかし、毎日の仕事や家事育児などで忙しい人にとっては、どうしても食事の早食いや運動不足といった状況を改善できない場合があります。最近では、青汁やお茶、サプリメントの種類も多様になってきています。特にサプリメントでは、持ち運びも簡単でいつでも飲めるのが特徴です。そのため、年代や生活スタイルなどを問わず、多くの人に利用されています。今後の動向として、ヘモグロビンa1cを下げるための手段として、サプリメントは不可欠のものになってくると予測されます。また、サプリメントもより有効な成分を含んだものが開発されることが期待されると思われます。